海上保安庁

緊急情報配信サービス
利用規約


1 目的
この規約は、海上保安庁(以下、「当庁」という。)が運用する、緊急情報配信サービス(以下、「サービス」という。)を利用し、海難・事故や航路標識の異常など海の安全に関する緊急情報等を電子メールにより配信するために必要な事項を定めるものです。
2 利用上の注意
(1) サービスのご利用をもって本規約の内容をご承諾いただいたものとみなします。本規約の内容は、必要に応じて、事前の予告無しに変更されることがありますので、サービスのご利用に際しては、本ページで利用規約の最新の内容をご確認下さい。
(2) サービスの情報料は無料ですが、サービスを利用するために必要な設備及びウェブアクセスや電子メールの送受信等に係る費用については利用者の負担となります。
(3) 当庁から配信される情報については、十分な注意を払っていますが、あくまでも配信時点における情報であり、内容の完全性を保証するものではありません。
(4) 当庁からの電子メール配信は、その性質上、利用者の接続環境及び利用環境、通信事業者側のネットワークの混雑状況により、遅延や配信されない場合があります。
(5) サービスから配信される電子メールは、その性質上深夜若しくは早朝若しくは大量に配信されることがあります。
(6) サービスで使用するメールアドレスは配信専用です。返信されても対応いたしかねます。
(7) あて先不明や受信拒否設定等の事情により、一定の回数又期間において配信したメールが不達となった場合、利用者が当規約に違反した場合及びその他当庁が不適切と判断した場合には、利用者へ通知をすることなく登録を解除します。
3 情報の取扱
サービスのご利用に際して利用者から取得したメールアドレス等の情報は、別途定める「海上保安庁のホームページに関するプライバシーポリシー」に則り取り扱われます。
4 免責事項
(1) サービスの全ての配信情報は、あくまでも配信時点における情報です。当庁では、サービスで配信する情報について様々な注意を払って配信しておりますが、その内容の完全性・正確性・有用性・安全性等については、いかなる保証を行うものではありません。また、情報に基づいて利用者が下した判断及び起こした行動によりいかなる結果が生じた場合においても、当庁はその責任を負いません。
(2) 将来において事前に予告することなくサービスの追加及び変更等の改変を行ったり、削除することがあります。サービスの改変及び削除やアドレス変更により生じるリンク切れ等表示に関わる不具合その他一切の影響や利用者に生じる損害について、当庁は責任を負いません。
(3) 当庁はサービスの保守、火災・停電その他の自然災害、コンピューターウイルスや第三者の妨害行為等による不可抗力によって、サービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害につき、一切責任を負いません。
5 禁止事項
サービスの利用においては、次の行為を禁止します。
(1) サービスに対し、不正にアクセスすること。
(2) サービスに対し、ウイルスに感染したファイルを故意に送信すること。
(3) サービスの管理及び運営を故意に妨害し、又は破壊すること。
(4) 他人又は団体の活動を妨害又は強要すること。
(5) 誹謗、中傷、その他公序良俗に反する行為をすること。
(6) その他法令等に反すると認められる行為をすること。
6 著作権
サービスにより配信される電子メールに掲載されている情報の著作権は、当庁及び当庁への情報提供者に帰属するものとします。配信する電子メールの内容の一部又は全部を無断で転載、複製、改ざん、販売等の行為を禁じます。
7 利用規約の変更
当庁において必要があると認めるときは、利用者に事前の通知を行うことなく、いつでもこの利用規約に規定する条項を変更し、又は新たな条項を追加することができるものとします。本利用規約の変更後に、利用者がサービスを利用したときは、利用者は変更後の利用規約に同意したものとみなします。
8 その他
(1) 本規約は、日本法に従って解釈・適用されるものとします。
(2) 当庁と利用者の間で、本サービス、又は本規約に関して紛争が生じた場合には、相互が満足できる解決を図るため誠実に対応することとします。なお、上記対応により解決がなされず、司法的判断を求める場合には、日本国東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
9 附則
この規約は、平成23年5月1日から施行します。


[0]前画面に戻る